海外自由旅行 ガイドブック比較


 海外自由旅行の最大の魅力は、アレンジメントが旅行者の裁量に任せられているところだと思います。十分に情報収集して、素敵なプランを立てたいですね!海外自由旅行のための情報収集の方法としては、@ツアーパンフレットを収集すること、A海外旅行用ガイドブックを購入すること、Bインターネットで情報収集すること、の3点が挙げられます。

 @は、旅行代理店の店頭に行って、行き先のパンフレットをたくさんもらってきます。自由旅行の場合でも、ツアーのプランを知ることは、その地域の名所やモデルプランを知るという意味で有意義です。各名所における大体の所要時間も把握できますし、まずはパンフレットを収集しましょう♪写真をみているだけでもわくわくしますし♪Aガイドブックは、旅行のスタイルによって選び方が異なってきます。ご自身の旅行スタイルに合わせて、最適なガイドブックを選んでくださいね。以下、代表的なガイドブックをご紹介します。Bについては、旅行関連リンク集を参考にしてください。では、海外自由旅行 ガイドブック比較、スタート♪

地球の歩き方
 『地球の歩き方』はバックパッカーのバイブルです。バックパッカーというのは、バックパックを背負って自由旅行するような人をさします。もう少し具体的にいうと、ユースホステルなどの格安ホテルを転々としながら現地の人と触れ合うような旅行をする人です。こんな旅行がしたいあなたには『地球の歩き方』がおすすめです。

 『地球の歩き方』には、@広い地域を広く浅くカバーするもの(例:ヨーロッパ編)と、A狭い地域を狭く深くカバーするもの(例:フランス編、パリ編)とがあります。用途によって使い分けましょう。@は、広い地域を周遊する場合に、Aは狭い地域をじっくりとみる場合に便利です。@について加筆すると、広い地域を回る場合は不可欠です。たとえば、ヨーロッパを周遊する場合には、どうやって国を超えるか、両替をするか、といった問題を処理する必要があります。そのときに、Aのような本を複数持っているよりも@を一冊もっている方が助けられます。もっといえば、周遊旅行は@一冊でOKです。ただし、やはり広く浅いので、詳しい情報を得たい人は、@と併用するとよいと思います。
わがまま歩き
海外自由旅行専門のガイドブックです。観光名所の沿革や見所といった情報が、少々マニアックな場所についても詳細に述べられています。たとえば、カンボジアのアンコールワット。ここについては、他のガイドブックでは、アンコールワットとアンコールトムの説明は詳しいけれど、他がない、ということがありますが、『わがまま歩き』はそれ以外の場所についても説明しています。おすすめ度を5段階評価で表記している点も参考になります。一つ一つの名所について、しっかりと理解を深めたい方におすすめのガイドブックです。

ご購入はこちらからどうぞ。

楽天ブックス[160万アイテムから本を探そう!1,500円以上で送料無料!]
SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO